割安株と注目銘柄

【明日の注目銘柄】7月3日版

6034 MRT
3526 芦森工業
7718 スター精密
5194 相模ゴム工業
2300 きょくとう

======================================
相場的には循環物色が働いているせいか、成長株から割安株へのシフトが起こっているような気がしますね(´▽`)

30日の米ダウ工業株30種平均は反発した。月間ではダウ平均が3カ月続けて上昇したものの、ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は8カ月ぶりに下落した。グロース(成長)株からバリュー(割安)株へ――。投資マネーは大きく移り変わっている。

http://www.nikkei.com/article/DGXLASGN01H1G_R00C17A7000000/

日経平均採用銘柄で割安度が高いものは以下のとおりです。

東京電力HD【9501】
スカパーJSATHD【9412】
三井住友FG【8316】
ヤフー【4689】
みずほFG【8411】
三井造船【7003】
ふくおかFG【8354】
三井住友トラストHD【8309】
双日【2768】
国際石油開発帝石【1605】

やっぱり銀行株が多いですが、ヤフーやスカパーはちょっと意外ですね。

割安株投資のデメリットは、注目されなければ、なかなか株価が上がらないところですが、循環物色で銘柄がいろいろと探されてる今ならチャンスがあるかもしれませんね。

いよいよ7月に入りましたね。下半期のスタートです。(´ー`)

よく夏枯れ相場といいますが、今年はどうなるのでしょうかね。ただ、北朝鮮は相変わらずなので地政学リスクは変わらず、アメリカもトランプ氏のロシア疑惑で揺れ動いており、急な円高やアメリカ株の下落による日本株の急落のリスクはまだ高いのではないでしょうか。

そのため、中長期的な投資というよりは、デイトレードやスイングトレードなど短期で利幅を取っていきたいですね。特に新興市場の一部は非常にボラティリティが高いので、うまくトレードしていけたらいいですよね。

そうした銘柄探しに投資顧問を利用してみるのもいいかもしれません。

最近の投資顧問は、無料である程度の数の銘柄を紹介してくれます。これが、自分の気付かなかった流行りの銘柄だったり、セクターだったりするのでなかなか参考になります。

個人的に今注目しているのはココです(*´ー`)ノ

THEME(テーマ)

ここが凄いのは、比較的に短期間の取り組みでの利益の獲得を目指すところです。

通常はスイングで1か月や2か月くらいの期間で利益の出す銘柄を推奨しますよね。

でも、ここは短期間で利益のでる銘柄を中心に推奨してくれます。

実際にアンジェスMG【4563】の急騰もしっかりフォローしていましたし、エムアップ【3661】の急騰もしっかり押さえていました。

思うに個人投資家の好きなセクターの銘柄を推奨しているようですね。こうした値動きの早い銘柄を推奨できるのは、ファンドや仕手筋など本尊の情報をしっかり把握しているからでしょうね。

今なら登録するだけで、急騰期待株とこれから来るテーマ株レポートを教えてくれるので、ぜひチェックを(*´ー`)ノ

おススメの投資顧問はこちら