夏枯れ相場と注目銘柄

【明日の注目銘柄】8月8日版

3891 ニッポン高度紙工業
2385 総医研ホールディングス
7988 ウッドワン
7726 黒田精工
3930 はてな

======================================

日経がめっきり動かなくなりましたね(´д`)

週明け7日の東京株式市場で日経平均株価は3営業日ぶりに反発し、終値は前週末比103円56銭高の2万0055円89銭だった。前週末に発表された7月の米雇用統計が総じて堅調な内容で、外国為替相場で円安ドル高が進んだことが外需型企業の株価に追い風となった。加えて、前週末の米国株式市場でダウ工業株30種平均が8営業日連続で過去最高値を更新したことも投資家心理を支えた。

http://www.sankeibiz.jp/macro/news/170807/eca1708071721006-n1.htm

円安だし業績もいいんですけど上値が重いですね。先週発表された投資部門別売買動向でも外国人が大きく売り越してましたし、需給が良くないのかもしれませんね。

新興もサイバーステップ<3810>やジーエヌアイグループ<2160>といった、ゲームやバイオの人気株がストップ安になってしまってるので雰囲気はよくないですよね。ここは堅実に決算のいい銘柄の押し目を狙っていくのがいいかもしれませんね。

いよいよ8月に入りましたね。決算発表が続きますので決算ギャンブルには注意が必要ですね。

夏枯れ相場ですが、北朝鮮は相変わらずなので地政学リスクは変わらず、アメリカもトランプ氏のロシア疑惑で揺れ動いており、急な円高やアメリカ株の下落による日本株の急落のリスクはまだ高いのではないでしょうか。

そのため、中長期的な投資というよりは、デイトレードやスイングトレードなど短期で利幅を取っていきたいですね。特に新興市場の一部は非常にボラティリティが高いので、うまくトレードしていけたらいいですよね。

そうした銘柄探しに投資顧問を利用してみるのもいいかもしれません。

最近の投資顧問は、無料である程度の数の銘柄を紹介してくれます。これが、自分の気付かなかった流行りの銘柄だったり、セクターだったりするのでなかなか参考になります。

個人的に今注目しているのはココです(*´ー`)ノ

株式情報サイトBIZ

ここが凄いのは、あまり注目されていない銘柄を初動から推奨して、しっかり急騰の利益を獲得することができることです。

普通は人気セクターの銘柄を中心に銘柄を推奨してくれますよね。

でも、ここは個人投資家にとっては一見馴染みのない、見落としがちな銘柄をしっかりフォローアップしてくれるところです。

最近では、オンキヨー【6628】もAIスピーカーが話題にされる前からしっかり推奨していました。また、アルメディオ【7859】のような仕手筋の銘柄も急騰前にちゃんと推奨してました。

やっぱり、この投資顧問が自信を持っている慶応閥のネットワークの存在が大きいのでしょうかね。普通の投資顧問には入ってこない独自の情報源があるからこそ、上のようなあまり目立たない銘柄を推奨できるのでしょうね。注目です。

今なら登録するだけで、ひと味変わった厳選銘柄を教えてくれるので、新しい投資顧問ですがぜひチェックを(*´ー`)ノ

おススメの投資顧問はこちら