一目均衡表の簡単な使い方

一目均衡表とは

「一目均衡表」という名前を聞いたことがあるでしょうか?名前だけなら知ってる人が多いのではないでしょうか。ただ、よく分かりづらいので敬遠されている方も多いといわれます。

そもそも、一目均衡表は一目山人(ペンネーム)という人が長い年月をかけて開発した純国産のテクニカル分析です。相場の帰趨は、一目瞭然、ひと目見てわかる、というところから名前がつけられました。

移動平均線やトレンドラインから一歩踏み込んだテクニカル分析を望む方に一番にオススメできるのが「一目均衡表」です。

まずは一目均衡表の基礎となる5本の線を説明します(*´ー`)ノ

  • 基準線 過去26日の高値と安値の平均値
  • 転換線 過去9日間の高値と安値の平均値
  • 遅行スパン 当日の終値を26日さかのぼって表示
  • 先行スパン1 基準線と転換線を2で割り、それを26日先に表示
  • 先行スパン2 52日間の高値と安値の中間値を26日先に表示
  • 雲 先行スパン1と先行スパン2の間の領域

一目均衡表の使い方

雲を使う

一目均衡表の使い方として一番簡単なものに「ローソク足(現在値)が雲の上か下かで相場の強さを測る」というものがあります。

雲を形成している先行スパンは抵抗帯としても機能するので、現在値が雲の上にあるのであれば雲はトレンドラインでいう支持線的な役割を果たし相場を下支えする一方、現在値が雲の下にある場合は逆に雲(先行スパン)が抵抗線となります。

これのイメージの捉え方として、株価を飛行機、先行スパンを雲にみたて、飛行機と雲の関係でよく説明されます。

飛行機が雲の上にいるときは高度が下がってきても雲がクッションのように支持してくれるし、飛行機が雲の下にいるときは上に上昇しようにも雲が覆いかぶさって抵抗帯になるということです。すなわち、株価が雲よりも上にいるときは上昇基調、株価が雲より下にいるときは下落基調とみることができるのです。

基準線、転換線を使う

基準線、転換線を移動平均線に当てはめると「基準線=長期移動平均線」「転換線=短期移動平均線」といえます。(かなり乱暴ですが(;^ω^)

そして、転換線が基準線を上抜く事を「好転」と呼び、いわゆるゴールデンクロスと同じ意味合いを持ちます。また、逆に転換線が基準線を下抜く事を「逆転」と呼び、移動平均線でいうデッドクロスと同様の弱気のサインとなります。

基本的には転換線が基準線より上にあれば「強気」であり、逆に下にあれば「弱気」と判断され、この辺も移動平均線によるテクニカル分析と似た面といえるでしょう。

ただ、移動平均線で支持線、抵抗線として機能するのは長期移動平均線ですが、一目均衡表では転換線が支持線、抵抗線として機能する場合が多いので注意が必要です。

遅行スパンを使う

遅行スパンは当日の終値を26日前にさかのぼって記録します。ただこれだけですが、この遅行スパンが26日前のローソク足を上回る場面では強気相場、反対に遅行スパンが26日前のローソク足を下抜ける場面では弱気相場への転換が示されると言われます。

以上で一目均衡表の簡単な使い方の説明を終わりますが、一目均衡表は世界中で広く使われており、それが故に一目均衡表を用いた分析は心理的にも値動きに反映される場合も多く、覚えておいて損はありません。ざっくりでいいので是非理解しましょう(´ー`)

管理人おススメ投資顧問はこちらです!