適時開示を活用しよう

いちばん株価に大きな影響を与える情報は、何かをご存じですか? 経済・金融情報提供会社が配信しているニュース速報を活用されている方は多いと思いますが、その速報の情報源である「適時開示」にあたれば、さらに速く情報を入手することができるということはあまり知られてはいません。

それでは、「適時開示」とはそもそもどういものなのか?

適時開示とは?

株式投資をしている方であれば、有価証券報告書や四半期報告書は知っているかと思います。有価証券報告書とは、金融商品取引法に基づいて上場会社が事業年度ごとに作成する損益計算書や貸借対照表などの会社内容の開示資料です。

しかし、適時開示について知っている方は少ないのではないでしょうか? 適時開示も、有価証券報告書と同様に上場会社が投資家に対して開示する情報です。適時開示とは、証券取引法の規制に基づいて、上場会社が投資家に対して開示することが必要とされている情報です。

法律に基づく有価証券報告書の方が、適時開示よりも重要そうに感じられるかもしれませんが、必ずしもそうではありません。投資家の投資判断に与える影響は、適時開示の方がずっと大きいといえます。なぜなら、適時開示の影響はすぐに株価に反映されます。企業の株価は日々変動しますが、その原因のうち最も大きなものが適時開示なのです。

それでは、自分が保有しているないしチェックしている銘柄の適時開示を知るにはどうしたら良いでしょうか?

適時開示情報の入手方法

こうした適時開示情報は「TDnet(ティーディーネット)」と呼ばれる東京証券取引所の運営する適時開示情報伝達システムを利用して発信されています。

開示情報はTDnet上で24時間いつでも見ることができます。企業が開示をおこなう時間は適切なタイミングで行うことになっていますが、基本的には平日の9時~19時くらいの間となっています。特に相場がクローズした15時過ぎくらいに開示されることが多いです。

なぜなら、ザラバ中(取引時間中)に開示をすると、内容が精査されないままに取引が行われる可能性があるからです。とはいっても、ザラバ中に開示されることがないかというとそんなことはなく、ザラバ中に重要な適時開示情報が発信されることも少なからずあります。

また、チェックしたい銘柄の適時開示を時系列で知りたい場合には株探を使うのもよいでしょう。チェックしたい銘柄のページを開き、「ニュース」のタブをクリックすると、今までの適時開示情報が時系列で表示されます。見やすさなら、株探のほうがTDnetよりも優れているといえます(´ー`)

適時開示情報の配信サービス

でも、いちいち保有銘柄やウォッチ中の銘柄の適時情報開示を上記方法で調べるのも大変ですよね。また、仕事中などに調べるわけにもいきません。そこで、情報配信サービスを活用しましょう。以下は無料で適時開示情報を配信してくれるサービスです。

IRストリート(IR STREET)

企業情報などを配信しています。メール会員登録(無料)をすると、希望した会社の適時開示情報がメールで送られてきます。
たた、100社程度しか配信できる会社がないので、自分の銘柄があるかどうが確認することが必要です。

IRストリート

大和IRモニタークラブ

登録無料。登録したメールアドレス宛に事前登録した銘柄の適時開示情報をメール配信してくれます。サービス名は「TD-COMサービス」といいますが、10銘柄まで登録することができます。利用料金等は無料です。

上場企業はすべて網羅していますが、10銘柄というのがちょっと残念ですね。

大和IRモニタークラブ

適時開示なう(iOS専用アプリ)

こちらはスマホアプリです。iOS専用なのが少し残念ですが、スマホアプリで適時開示情報を取得することもできます。

適時開示なう

適時開示を上手に利用しましょう(*´ー`)ノ

適時開示ではわからない情報はコチラで(´ー`)