SQについて

SQって何?

9日、メジャーSQが無事通過しましたね。

[東京 9日 ロイター] – 東京株式市場で日経平均は反発し、終値は4営業日ぶりに2万円の大台を回復した。米連邦捜査局(FBI)前長官の議会証言が市場を揺らす材料にならず、保守党の過半数割れが確実となった英総選挙については「ハード・ブレグジット」路線が修正されるとの受け止めが広がるなど、投資家の過度な不安心理が後退した。好材料が相次いだソフトバンクグループ<9984.T>の上昇も指数の底上げ要因となった。

http://diamond.jp/articles/-/131390

よくSQ前に荒れるとか言われますが、そもそもSQって何かよく解らないですよね。

なので、ざっくりとSQを説明してみましょう。

SQとは

SQは、Special quotation (スペシャル・クォーテーション)の略で、日経225先物やTOPIX先物などの株価指数先物取引やオプション取引などを、決済最終日までに反対売買がなされたかった場合の清算指数として使用される指数のことです。

日本語では「特別清算指数」と呼ばれていて、毎月第二金曜日(休日の場合前日)の寄り付きで算出されます。

商品先物取引などにおいては、決済最終日にお金を支払って、代わりに現物を引き取ることができますが、株価指数先物取引においては対象となるものが指数なので、決済最終日にお金を払っても現物を引き取るわけではありません。

そのため、決済期限が到来すると強制的に反対売買によって決済されることになり、その際に用いられる決済価格を決定するのが特別清算指数ということりなります。

メジャーSQとマイナーSQ

SQは、株価指数先物取引では3、6、9、12月の第二金曜日の寄付時に算出され、株価指数オプション取引では毎月の第二金曜日に算出されます。

株価指数先物取引に伴うSQは重要な指標となる為、3、6、9、12月の第二金曜日はメジャーSQと言われており、その他の第二金曜日はオプションSQやマイナーSQと言われています。

SQで株価が動く理由

SQは毎月第二金曜日の寄り付き値が基準となる為、指数に取り入れられている銘柄の株価や日経225先物の気配が乱高下するケースが多く見られます。

その理由としては一つに、先物やオプション取引があります。

すなわち、先物やオプション取引では、上がる事で利益が出る人と下がる事で利益が出る人がいる為、指数を上げようとする投資家と下げようとする投資家の双方がいる事になります。よって、寄り付き前はそれぞれの思惑が交錯して、寄る直前まで気配の乱高下が見られるのです。

もう一つとしては、裁定取引に伴う現物株の大量注文が出るからということもあります。
すなわち、裁定解消のための現物の売買注文が、SQにまとめて出る為、現物の株価への影響も大きくなる場合があると言えます。

寄り付き前の株価気配は信用しない

以上、なかなか難しいですよね(;^ω^)

でも、難しいことはさておき、「SQ日の寄り付き前の株価気配は全く信用できない」と憶えておけば良いでしょう。9時直前までストップ安気配やストップ高気配という銘柄もありますが、本当の株価は9時になるまで分かりません。

ただ新興市場などの銘柄は基本的にSQの影響を受けませんので、特定の銘柄のみのお話ということになります。SQ日に毎回目立って操作されるソフトバンクあたりの板で、どのような動きをするのかを見ておくと良いのではないでしょうか。

SQ前に困ったときはこちらがおすすめです(´▽`)